スポーツ試合の勝敗予想を楽しめるブックメーカー

スポーツ試合勝敗予想を楽しむブックメーカー

Betting

近ごろでは、多くの人々がスポーツ観戦を楽しみながら試合の勝敗予想をしています。ブックメーカーでは、若者から高齢者まで幅広い年齢層の男女たちがサッカーやテニス、バスケットボールのチームの戦力や過去の対戦履歴などをじっくりと検討しながらどのチームが勝つのかを賭けているのです。

少額から気軽に参加することができますので、世界中のあらゆる人々からも親しまれているといえます。また、ブックメーカーでは、常に公平な判断と高い安全性を保っています。情報漏洩や不正行為などご起こらないように万全の体制でセキュリティ管理を行なっているため、安心して任せることができると厚い信頼を寄せられているのです。試合の点数や順位までも賭けの対象となりますので、とにかく思いきり満喫できる娯楽として圧倒的な人気を得ているといえます。

さらに、スポーツの試合はもちろん、アーティストやミュージシャンのゴシップ情報に関する賭けなどもあり、バラエティ豊かな内容が興味を引いているのです。このように、世界の誰もが利用して夢中になって楽しめるサービスとして、ブックメーカーは熱狂的な支持と高い満足度を誇っているといえます。口コミでもその評判は高まってきているのです。

スポーツ投資で利益を得よう

bet

ブックメーカーでスポーツの勝敗に賭けるというのは単なる賭け事、ゲームと捉えるのではなく、利益を生み出す投資と考えることもできます。もちろんブックメーカーはギャンブルの一種であり、儲けが保証されているようなものではありません。

ですが少なくとも日本で各種のギャンブルをやるよりはよほど儲けを得るチャンスは多くなっています。その理由は控除率にあります。ギャンブルである以上は控除率を避けて通ることはできませんが、日本の各種ギャンブルは世界的に見るとあまりにも割が悪すぎ、ボッタクリと言っても差し支えないほどのレベルなのです。日本での代表的なギャンブルである競馬では控除率は25%前後です。

100円を投資すると、平均的には75円しか戻ってくることが期待できないということです。もし真に公平な賭け事で勝てば2倍のオッズが得られるような場合、当たり前のことですが2回に1回勝てばトントンです。ですが控除率25%もあると、3回に2回は勝たないとトントンにはなりません。一方、ブックメーカーは控除率はせいぜい数パーセントと極めて低いです。もし日本の競馬でトントンだという人は、3回に2回は勝っていることに相当するはずですから、ブックメーカーで賭けをすれば実に3割以上もの利益が期待できることになるのです。

ブックメーカーは誰でも始められる

ブックメーカー

サッカーやベースボール、ラグビーやバスケットボールといったスポーツの勝敗を予想して、予想が当たった場合には掛け金がオッズに合わせて返ってくるという海外のスポーツ投資がブックメーカーです。

アメリカやマカオなどにあるカジノと同様に、昔は日本から海外に出向き現地に行かなければブックメーカーに参加することは不可能に近かったのですが、最近はインターネット経由で日本国内からブックメーカーでの投資に参加できるようになりました。ネットで簡単にお金儲けをしたい、英語が分かるので海外の投資やギャンブルなどにも自信がある、このような方にブックメーカーでのスポーツ投資はおすすめだと言えるでしょう。

ブックメーカーベット

日本でブックメーカーに参加するには胴元のウェブサイトなどで登録を行う必要があります。メールアドレスや氏名、生年月日などだけでなく銀行口座の番号も入力しなければならないので、予め海外取引が可能な口座を開いておくと登録がスムーズに済むようになっています。

予想したスポーツチームが勝ったとしても、払い戻しの資金は日本円ではなく外貨で得られますので、そこから為替による差額の発生が生じることも覚えておいてください。可能なら円安になってから為替交換をするとお徳なので合わせて記憶しておくといいでしょう。